Whiteのふりーとーく

2006年10月後半

About this Page |過去分一覧

_ another blog@hatena/Wiki/BBS


10.16

@生存報告/投薬状況

ちかごろ更新がないのは単に忙しいだけです。主に仕事で。

_という1行で終わるのもあれなので最近の投薬状況とかを主に自分のためにメモ。

いちおう腹づもりとしては頓服でアナフラニール10mg 1錠 + ソラナックス0.4mg 1/2錠、なのだが朝起床時には決まって状態が良くないので事実上起床後1回という感じになっている。飲んで1時間ぐらいで体調が落ち着くので出社、とかそういう感じ。ときどき2〜3時間ぐらい頭痛と呼吸の重さが続くことがあるけどそういうときは黙って家で倒れている。

_これに夜眠れないときにソラナックス0.4mg 1/2錠、というのが加わりつつある。かなり本格的に眠れないとき限定だけど、これがそれなりの頻度で起こる(月に数回)。

あとは空腹時にもパニック反応が起きる。これは食べることで解消する。しかしダイエットのためにここしばらく食を細らせていたらあまり目立たなくなってきた気がする。

_ここで唐突に話を戻すと今月入る直前ぐらいから平日は(仕事のために)午前様デフォな進行。仕事自体が文句がありつつもいちおう面白いため心理的に圧迫されてどうこうというのはないのけれど、仕事と仕事を維持するための息抜き以外のことを考えてない感じなのが微妙。

+comment(0) +trackback(0)


10.18

@最近の仕事

合言葉は「いっそこのJava上にLisp系言語を実装して!」なiアプリ作成お仕事継続中。

_よくよく考えたらGUIのイベントハンドラなんてVMの評価機構と極めて似たシロモノなわけで。そんなふうに考えるとこいつは「VMの上にVMを実装する」仕事にほかならないのだ。というかバイトコードサイズの制限と戦うためにイベントハンドラに限らず様々な部分をどんどんスモールVM化してそのVMへのコードを外部リソースへと追いやっていく様を見ていると、いっそ最初から適当なLisp on Java実装をちょっぱってきて拡張かけつつLispプログラミングとかしてた方が良かった気がしてくる。ということで合言葉にいきつくわけ。

_Javaという綺麗な世界にとっては異物としか思えないような発想をガンガン使う必要があるから、JavaプログラマにはできないJava仕事、になる。本当はそんなところにJavaなんてリッチな言語使うなよ、と言いたいわけだが。

+comment(0) +trackback(0)


10.30

@本読みSNSってどうよ

蔵書管理機能をベースとして、あと友人に対する「読め!」命令を送信できる本読みSNSってのは案外アリなんじゃないだろうか、とか思ってみた。ネット書店との(勝手な)連携機能が勝負の鍵な気がする。

めどいからたぶん作らないけど、最近趣味プログラミングをあんまりしてないんだよなあ。むむむ。

+comment(1) +trackback(0)

@イベント参加予定

週末は杜の奇跡とかだったわけですが、するともう2週間で文学フリマがやってきますよ、というか俺の脳内では1週間ぐらいの憶え違いが発生していて日程的にちょっとピンチ、かも。どうせいつものひでえ突貫作業で本自体は作れるけど。

コミティアと同日という開催日程がどう出るかという感じですが、元々客層はそんなにかぶってない気も。ところで委託とか受けるべきだと思うですがどうしましょうかね、とか主に日本の中部地方に向けて電波を発信してみるテスト。

+comment(0) +trackback(25)


御意見・御感想の宛先white@niu.ne.jp