This page linked from [ CoverPage | SimpleAnteSpam | YaPw | YaPw:隠し機能 | YaPwのバージョンアップ | YaPw使い方あれこれ | YaPw導入メモ | __YaPwMenu__ ]

yapw.conf

配布/履歴 BBSヘルプ:導入 設定 UpDate 隠し機能[着手]機能: BBS機能 名前空間[完了] 署名設定Tips: Tips他: ライセンス



YaPwの設定ファイルyapw.confは、なにげに「ただのPerlスクリプト」です。
設定を変更する時はPerlの書式に従って適当にどうぞ。

## yapw.conf
## Configuration file of YaPw.

$URLencoding   = 'url'; # url / base64 : ページ名のencode設定。
                        # 推奨はurlエンコード。
                        # base64エンコードは一部バージョンのOpera対応のために実装したものです。
$DEFAULT_INDEX = "CoverPage"; # ページ指定されなかったときに表示する「表紙」ページの設定。
                              # ここで指定したページがデフォルトでは表示されます。
                              # (該当するページがない場合、「一覧」が表示されます)
$NameSpaceMark = ":" # 名前空間実装の、名前の区切り文字指定。
$VERSIONING_SECOND = "7200"; # 履歴保存機能が有効になるための、前回更新時からのインターバル

# localhost configuration
# $dataDIR      = "./DATA";
                  # ページデータを置くディレクトリ。yapw.cgiから読み書き可能であることが必要。
                  # デフォルトではyapw.cgiの置かれたディレクトリのDATA/ 以下ですが、
                  # セキュリティ的には問題があることに注意。
# $TemplateDIR          = "./Template";
                   # 表示テンプレートの置場指定。

# http configuration
# $SERVER        = $ENV{SERVER_NAME};
                   # YaPwが置かれているサーバの名前。
# $HTTPDIR       = $ENV{SCRIPT_NAME};$HTTPDIR =~ s{^(.*)/.*?$}{$1};
                   # yapw.cgiへのHTTP上での
# $CGIpath       = $ENV{SCRIPT_NAME};
                   # yapw.cgiへのHTTP上でのパス
# $baseURL       = "http://$ENV{SERVER_NAME}$ENV{SCRIPT_NAME}";
                   # yapwが表示する各ページのBASEタグで指定されるURL
# $ENABLE_SUEXEC = 'no'; # yes / no
                   # suexec対応モードのオン/オフ。ディレクトリ/ファイル生成時のパーミッションに影響。

# Displaying configuration
  $KeepBraket = 1; # 0 or 1
                   # [WikiName]と書かれたときに、[]を残したまま表示するか否か。
  $NonExistMark = '?';
                   # まだ存在しないWikiNameの後ろにどんな文字をくっつけるか。空文字列にすると、当然なにもつかなくなります。
  $BR_SENSITIVE     = 0; # 改行を(0 = 無視 、 1 = <br>に置換 )
  $ENABLE_DISPSTATE = 1; # 状態管理ツールの有効/無効

# html-elements enable list
    # htmlタグの許容設定。
# $enableInlineElems =
#     "a|em|strong|cite|dfn|code|samp|kbd|var|abbr|acronym|".
#     "sub|sup|pre|address|tt|i|b|s|big|small|span|del|ins";
#
# $uncloseableBlockElems = "blockquote|p|pre|dl|ul|h2|h3|h4";
# $mustcloseBlockElems   = "dt|dd|li|div";
# $enableBlockElems = "$uncloseableBlockElems|$mustcloseBlockElems";
# $enableEmptyElems = "img|br|hr";
  # Inline、uncloseableBlock、mustcloseBlock、Emptyの違いは、一見重要そうですが、
  # 今はどこに書いても一緒。将来の対応も不明。
# $enableElems      = "$enableInlineElems|$enableBlockElems|$enableEmptyElems";

# user-sign&auth
# $ANONYSIGN = "somebody";
  #「名無しさん」の署名を何にするか、ですー。

$PATTERN{URL} = '(?:(?:https?|ftp|file)://|mailto:)[\w;/?:@&=\+\$\.,\-!~\*%\'\(\)\#]+';
      # URL文字列として自動リンクに設定するパターンの指定。

# plugin Load.
#  プラグイン設定。読み込みたいプラグインを読み込みたい順番で記述する。
#  読み込み順は処理順に影響するので注意。
  @PLUGIN =
    qw(
       Base::IndexPage
       Advance::PageInclude
       Advance::AliasName
       Advance::RemoteWikiLinks
       Tool::AtmarkBBS
       Tool::State
       Tool::BookBooker
       Tool::CellSheet
       Tool::ScheduleAdjuster
       Advance::VersionSave
       Advance::Attach
       ToHTML::DL
       ToHTML::Heading
       ToHTML::Table
       ToHTML::LIST
       Advance::SimpleAnteSpam
       );


1;